八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

終戦記念日で鐘打 世界平和の鐘の会

 終戦記念日の15日、世界平和の鐘の会沖縄県支部(大浜博文支部長)は、新栄公園内の鐘楼で平和祈念鐘打を行った。支部会員や市幹部、園児らが参列、石垣島から平和の鐘を響かせた。  正午から1分間の黙とうをした後、大浜支部長が「先の大戦で亡くなったすべての方々を追悼し、世界に向けて平和を願う心を発信しよう」と呼びかけ。中山義隆石垣市長は「300万人余が犠牲になった歴史的事実を受け止め、戦争の悲惨さ、愚かさを語り継いでいかなければならない」と述べた。  学童ほいく竹の子クラブの園児、児童も八重山平和祈念館で平和学習をした後、鐘打式に出席。慶田花美春ちゃん(宮良小2年)、前盛浩寿ちゃん(大浜小1年)は「みんなでつくった平和の鶴です。飾って下さい」と折り鶴を大浜支部長に贈呈した。

ページ移動

キーワード検索フォーム