八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

有害鳥獣捕獲を依頼 猟友会など43人に

 石垣市は27日、有害鳥獣捕獲実施者として40人に委嘱状、市職員3人に辞令を交付した。代表して県猟友会八重山支部の多良間恵次支部長、砂川勝美副支部長、新里晴男事務局長が受け取った。  有害鳥獣被害に関し、市は猟友会に駆除を依頼。庁議室で行われた委嘱状交付式で中山義隆市長は「農作物の被害は深刻。皆さんの力で被害を減らしたい」と述べ、多良間支部長は「行政のサポートを受けながら、農家のために地域のために頑張りたい」と決意を語った。  市は8月19日、猟友会に依頼し、島内の山林で2012年度第3回キジ・クジャク一斉駆除を実施する。これまで前年度を含め3回の駆除でキジ107羽、クジャク67羽を駆除している。  一斉駆除は前勢岳、はんな岳、宮良高山、宮良ジャー原、元名蔵、於茂登岳などで午前8時から午後2時まで行う。駆除時間内に山林に入らないよう呼びかけている。

ページ移動

キーワード検索フォーム