八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

明石小が県大会5連覇 子供自転車競技

8月の全国大会出場へ
個人の部仲里さん1位、堀井君2位
 第36回交通安全子供自転車沖縄県大会(主催・県警本部、県交通安全協会連合会)が1日、県警察運転免許センターで行われ、明石小学校(前上里徹校長)が団体で5連覇を達成。個人の部でも仲里知可さん(6年)と堀井草太君(5年)が満点で1位と2位入賞を果たした。同校の自転車クラブメンバーらは同日夜、石垣空港に凱旋(がいせん)し、保護者や学校関係者、交通安全母の会など約30人が出迎え、子どもたちの活躍を祝福した。同クラブは8月1日、東京で開催される全国大会に出場する。  竹原大地主将(6年)は盛大な歓迎に感謝し「実技でミスはあったが、学科では全員満点だった。全国へ向けて練習に頑張りたい」と全国大会へ向け抱負を述べた。  前上里校長は「大きな仕事をしてくれた。誇りに思う。お世話になった人たちの感謝の気持ちを忘れず、全国でも応援をお願いします」と喜んだ。  個人の部満点で1位になった仲里さんは「不安もあったが、みんなと心が一つになれた」と大会を振り返り、全国では「昨年(全国3位)の悔しさをばねに、全員満点で1位になりたい」とリベンジを誓った。  交通安全母の会の金城綾子会長は「小さな学校が大きなことをやってくれた。全国でも期待できる」、八重山地区交通安全協会の新垣能一副会長は「優勝できると確信していた。全国でも優勝旗を持ってきてもらいたい」とそれぞれ激励した。 【団体の部】(満点=4800点)  優勝=明石小学校(竹原大地、熊野大咲、堀井草太、仲里知可)4775点 【個人の部】(満点=1200点)  1位=仲里知可(1200点)タイム・1分50秒▽2位=堀井草太(1200点)タイム・2分2秒  ※1位と2位は同点のため技能走行のタイム差で決定した。
  • タグ: 明石小学校自転車競技
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム