八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

創立120年を盛大に祝う 竹富小が記念式典

歴代校長など16人を表彰
 竹富小学校(漢那憲吉校長、児童23人)の創立120周年記念式典と祝賀会が6月30日午後、同校体育館で開かれ、大勢の関係者が節目を盛大に祝福した。式典では歴代校長や歴代PTA会長、長年にわたり図書券や図書を同校に寄贈した人など16人に感謝状を贈り、さらなる発展を祈った。引き続き祝賀会も催され、多彩な余興で120周年の節目を祝った。  同校は1892(明治25)年6月25日に大川尋常小学校竹富分教場として創設。1903(明治36)年に独立校となり、竹富尋常小学校に改称した。49(昭和24)年には学制改革で現在の竹富小学校となり、その際、竹富中学校も併設された。これまで2496人の卒業生を送り出している。  式典では、校歌斉唱のあと、漢那校長が「文化・スポーツの両面で数々の上位入賞を果たし、まさに文武両道の学校だと自負している。これまで以上に学校・家庭・地域の連携を深めたい」と式辞。  記念事業期成会の阿佐伊孫良会長は「本校で学び育った卒業生が県内外の各界で活躍し、社会の発展に大きく貢献していることは大きな喜び。卒業生や地域の支えが果たす役割は大きい」とあいさつし、歴代校長や歴代PTA会長などに感謝状を手渡した。  川満栄長町長、慶田盛安三教育長、八重山教育事務所の宮良学所長、竹富公民館の大山栄一館長がそれぞれ祝辞を述べた。
  • タグ: 竹富小中学校竹富島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム