八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新城・下地島、廃村から半世紀 郷友ら古里しのぶ、68年ぶりに訪れた出身者も

 【新城・下地】廃村から50年の節目に下地島出身者や石垣、本島に住む郷友会員ら約20人が20日、古里巡りを実施、半世紀を経た島の当時をしのびながら集落跡を巡った。これは島出身の真栄里晃さん(72)=宜野湾市=が発案したもので「多くの人に来てもらって感謝している。廃村から50年、数十年ぶりに古里を訪れた人も感無量だと思う」と述べ、島の景観を感慨深そうに眺めていた。  下地島は1954年に大原小中学校下地分校が廃校となり、石垣島や西表島への人口流出が相次いだため、62年に廃村となった。  廃村後は郡内在住の出身者らが年に数回、御嶽の清掃などを行っており、今回は石垣在新城郷友会の新川清章さん(70)=大川=が御嶽や旧跡を案内。島内巡りには、波照間永吉県立芸術大学教授も調査研究を兼ねて同行した。  5歳の時に石垣島に移住し、68年ぶりに訪れたという大嵩幸男さん(74)=中城村=は「前から一度訪ねたいと思っていたが、イメージと違って非常に荒れている。自分の親がここに住んでいたのかと思い、水も電気もない所でよく生活できたものだと両親の苦労がしのばれる」と述べ、古井戸を頼りに自宅跡を散策していた。  廃校当時、最後の小学生で西表島豊原へ移住したという新川信長さん(70)=南風原町=は約40年ぶりに島を訪れ、「移住当初は豊原から島を眺め、ホームシックになり悲しかった」と当時を振り返るとともに「あまりにも変わり果てているので驚いた。どんなに荒れていても自分のふるさとは懐かしいが、機械棒(鉄棒)の横にあった大きなデイゴが枯れてなくなっている」と肩を落としていた。  参加者らは思い思いに島を巡ったあと、旧学校跡地に集合し、校歌や豊年祭の歌が収録されたCDを聞きながら、記憶を頼りに豊年祭の踊りを再現した。  大病を患いながら故郷を訪れた真栄里さんは「故郷を訪ねるのも最後かもしれないと思っているが、できれば来年も頑張って来たい。石垣在の郷友らに毎年、御嶽の掃除をしていただき感謝している」と関係者らに礼を述べた。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム