八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

学級の鳥など発表 大本小で愛鳥の集い

 愛鳥週間(10~16日)にちなみ、大本小学校(石垣俊子校長、児童14人)で11日午前、愛鳥の集いが開かれた。  集いは野鳥観察への意欲を高め、野鳥愛護の啓発に努めようと毎年行っている。  この日は、児童らが「ぼくの鳥、私の鳥」と題して選んだ鳥の特徴や好きなところなどを発表。「学級の鳥」の紹介も行われ、1・2年生はメジロ、3・4年生はスズメ、5・6年生はサシバの学級表示板を石垣校長が各学級の代表に手渡した。  このあと、元小学校校長の島袋憲一さんが「鳥の世界の不思議」の演題で講話。ニワトリと豚の骨を水の入ったビーカーに落とす実験をし、ニワトリの骨は浮くことを確認。「ニワトリの骨は軽い。腸が短くて食べたらすぐ便になるため、体も軽くて空を飛ぶことができる」と体の仕組みを話した。  島袋さんは食物連鎖の話をしたうえで、「鳥を大事にすることは人間を大事にすることにもつながる」と説いた。

ページ移動

キーワード検索フォーム