八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

島おこし音楽祭に熱狂 内外から聴衆1000人

多彩なジャンル次々と
 【鳩間】「届け!! 小さな島の大きな元気」。第15回鳩間島音楽祭(同実行委員会主催)が3日、鳩間島コミュニティーセンター前広場で開催された。会場には郡内外から1000人(主催者発表)の聴衆が訪れた。ステージではBEGINの島袋優さんやモンゴル800のキヨサクさんら豪華なメンバーの共演による「恋の島バンド」もあり、人口約63人の小さな島は音楽祭一色に染まった。  音楽祭は島の活性化を図ろうと1998年から5月3日に毎年開かれており、これまでに島おこし奨励賞やふるさとイベント大賞奨励賞、地域再生大賞優秀賞などを受賞している。  ステージは、毎年恒例となっている鳩間島民俗芸能保存会の古謡で幕開け。加治工勇実行委員長のあいさつのあと、鳩間小中学校児童生徒9人と教諭らが校歌を演奏し、11団体・個人が次々と舞台を繰り広げた。  大型連休中に全国各地から鳩間島を訪れているサンバチーム「板垣グループ」や那覇市で「島唄ライブ鳩間島」を経営する吉川忠尋さんも出演。演歌歌手の妃弥呼(ひみこ)さんも音楽祭に花を添え、幅広いジャンルの音楽が披露された。  イベント限定の「恋の島バンド」では、島袋優、キヨサク、池田卓、nacil(ナシル)、CO-MACHI(こまち)、加治工敦さんら豪華なメンバーが共演し、観客が総立ちになるほど、盛大な盛り上がりを見せた。  フィナーレは、鳩間オールスターズによる「鳩間の港」で会場とステージが一体となって盛り上がり、港ターミナルでの見送りライブで幕を閉じた。  実行委は「へい輪プロジェクト」として東日本大震災の被災地、宮城県石巻市の復興支援に向けて、現地の漁業者が作っている「浜のミサンガ」を販売。売り上げをすべて義援金として届けるほか、同島に車イスを寄贈した亀多孝男さん(70)=奈良県=に感謝状が贈られた。
  • タグ: 鳩間島鳩間島音楽祭
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム