八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

黒島港 新旅客待合所が完成、浮桟橋や屋根付歩道も

 【黒島】黒島港旅客待合所竣工式と祝賀会が1日行われた。同港には1994年に整備された待合所があるが、乗降客数の増加などで施設が手狭になり、地元の要望を受けて県が従来の待合所に隣接した新たな待合所と浮桟橋および屋根付き歩道を整備した。祝賀会では婦人会や子どもたちによる踊りも披露され、地域を挙げて新たな待合所の完成を祝った。  新待合所は鉄筋コンクリート造り赤瓦屋根平屋建て。延べ床面積87.75平方メートルで、総事業費約5000万円。バリアフリートイレや授乳室なども整備されている。  セレモニーでは、待合所前で仲筋支会による厄払いの獅子舞が披露されたあと、関係者がテープカットした。  この後、伝統芸能館で祝賀会が催され、川満栄長町長が「新旧待合所を有効活用し、今後の地域振興につながるものと確信している」とあいさつ。西大舛髙旬議長、當間重美八重山事務所長、高嶺善伸県議会議長、辻野ヒロ子県議らが祝辞を述べた。  地域を代表して宮良正章館長は「新しい待合所がきちんと機能していけるような島の発展を望みたい」と礼を述べた。地元選出町議の島仲秀憲氏も「これだけ盛大な祝賀会は海底送水が完成した時、以来だ」と喜んだ。  舞台では、婦人会や児童生徒による踊りもあり、地域挙げて新しい待合所の完成を祝った。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム