八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台湾の3市長に親書 新石垣空港開港記念、来年のヨットレースPR

 琉球王朝杯・台琉友好親善国際ヨットレース2012(主催・同実行委員会)が始まるのを前に、中山義隆石垣市長から、基隆の張通栄市長、蘇澳鎭の林騰煌鎭長、花連市の田智宣市長宛ての親書伝達式が26日午前、市長室であり、中山市長がNPO法人八重山ヨット倶楽部の深見和壽副理事長に親書を託した。  同レースは宮古ヨットクラブと隔年主催で行われており、来年は八重山ヨット倶楽部の主催。5月の大型連休期間中に、新石垣空港開港記念ヨットレースとして開催することが決まっている。親書は記念レースを香港や韓国など近隣諸国にアピールし、台湾との交流をさらに深め、国際観光客の誘致につなげるのが目的。  同レースは今回で10回目。今回は台湾から8艇、日本から10艇(うち石垣島から1艇)が参加、宮古島の海中公園沖合を26日午後5時スタート、28日に基隆に到着する予定。29日は基隆島一周ヨットレース、交流会などが行われる。

ページ移動

キーワード検索フォーム