八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新工場稼働に安ど

 竹富町が国、県の補助を受けて整備した竹富町小浜製糖工場が31日午後、稼働した。初日は約20トンの原料が搬入されたが、指定管理者として工場を運営するJAおきなわは、今期操業を終えた他のJA製糖工場から応援職員を動員。新工場稼働に万全な態勢で臨んだ。年度最終日に稼働にこぎ着けた町の担当職員も「これで夜中に跳び起きなくて済む」と安どの表情。  県立図書館八重山分館が31日閉館した。当初、県側から閉館セレモニーの提案があったが、分館側から「地域住民の感情を逆なでする行為」と指摘され、取りやめになったという。分館の存続を求める住民も「歓迎されての閉館じゃないことを県は理解しているのか」「セレモニーなんて望んでいない」とあきれていた。  1日からスタートする沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業による船賃軽減では、船会社が利用者用の申請書類を準備し、県への負担額の申請手続きも行うことになっている。これらの事務にかかる費用は自前。今回の船賃軽減は離島住民だけに限られていることから、利用率の向上による収入増もさほど見込めない。事務経費の手当くらいがあってしかるべきだ。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム