八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

憲法連絡協 米軍使用に抗議声明、きょう反対の集会開く

 平和、労組の7団体で組織する平和憲法を守る八重山連絡協議会(仲山忠亨会長)は12日夕、13日に予定されている在日米海軍の石垣空港使用に抗議する声明を発表した。13日午前11時から空港道路沿いで反対の抗議集会を開く予定だ。  同日午前11時45分から午後1時まで固定翼1機、ヘリコプター1機が離着陸する。人員輸送のための乗り換えが目的。県と市が自粛を申し入れ、市議会は12日、中止を求める決議を行った。  声明は「空港と港湾を一体的かつ恒常的に使用したいという米軍の思惑は明らか」として軍事利用に反対し、民意である市議会の中止決議を受け入れるよう求めている。  官公労共催会館で会見した各団体の代表らは、2009年の米軍人による横断幕窃盗事件や抗議活動に対する被害届に言及、「米軍に対する不信感や警戒心は増している。友だち作戦と言いながら反対する人には弾圧を加えようとしている」と訴え、集会への参加を呼びかけた。

ページ移動

キーワード検索フォーム