八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

島々の特産品をPR 青年団協が物産フェア

若者一丸、ブランド確立へ
 竹富町青年団協議会(冨底義充会長)は3日、石垣港離島ターミナル内のとぅもーるネットセンターで町内8地区の特産品を集めた「島々もちより物産フェア」を開催した。会場には各地区のTシャツや黒糖スイーツをはじめ、竹富島の島しょうゆ、波照間島の黒蜜、黒島のしぐれ煮・つくだ煮、小浜島の竹笛、西表島の赤米・黒紫米など多彩な特産品が並び、訪れた観光客や郷友会員らが次々と品物を買い求めていた。  フェアは、町の資源や産業をPRするとともに、地域の若者が一丸となって町ブランドの確立に向けて取り組むのが目的。  川満栄長町長は「隔ての海を結びの海にしていこうという青年会の皆さんの取り組みを喜んでいる。この機会にしっかりと情報交換し、会員間のコミュニケーションを深め、新しい発想を持って今後の活動につなげてほしい」とあいさつ。  慶田盛安三教育長も「島々を知ること、学ぶことなくしては新しいものは出来ない。今回の持ち寄り特産品フェアはとても良い方向性を見いだせたと思う。イベントだけでなく、日常の活動の中でも生かしてほしい」と激励した。  飲食ブースでは、白浜地区の「がさみそば」や上原地区のパインジュースが大人気。午後1時半からは「お土産品争奪じゃんけん大会」も開かれ、参加者らは同協議会が独自に考案した「竹富じゃんけん」を楽しんだ。  終了後、冨底会長は「まだ第一歩だが、それぞれの島独特の特産品を数多くそろえることができた。宣伝不足などの反省点はあるが、今後につなげていきたい」と今後の展開に期待を寄せた。
  • タグ: 地域ブランド竹富町
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム