八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょうは二十四節気の一つ大寒…

 きょうは二十四節気の一つ大寒。1年で最も寒い時期にあたり、八重山では日照不足による農作物への被害が深刻だが反面、新年早々からこたえる南国の寒さを吹き飛ばすかのような朗報といえる話題が紙面をにぎわしている▼(株)ブランド総合研究所が行った地域ブランド調査で、石垣市の魅力度が全国11位にランクされた。ベスト3を札幌、函館、京都が占める中、県内市町村ではトップで観光地石垣としての潜在力の高さが指摘された▼海外に目をうつせば、日本トランスオーシャン航空が、初の那覇―香港―石垣を結ぶ国際チャーター便をきょう運航する。旧正月に合わせたツアーは、沖縄本島とは違った石垣島や周辺離島などの魅力を感じてもらう内容だという▼さらに注目は、国が石垣港を家畜や食肉の輸出入が可能となる指定港とする方針を固め、新石垣空港の指定も検討とのニュースが飛び込んできた。防疫体制の強化、石垣牛の海外輸出に道を開く、朗報といえるだろう▼観光は総合産業といわれるようにすそ野は広い。農業や漁業、他の産業との結びつきを強めることで、相乗効果を生むことが期待できる▼いずれのニュースも来年の新石垣空港開港を考えると、八重山にとってアイデアと戦略しだいでは異業種ビジネスチャンスの到来といえないか。(鬚川修)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム