八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「働くって大変だね」 ホテルの仕事見学

明石小児童ら、ジョブシャドウウイング
 「八重山地区ジョブシャドウウイング事業」で2日午前、明石小学校の児童3人が市内の企業を見学した。  石垣島リゾートグランヴィリオホテル=新川=を訪れた竹原大地君(5年)は客室係の仕事の様子を見学。「ホテルがきれいなのは清掃する人がていねいにやっているから。細かいところまで目を配っていることが分かった」と感想を述べた。  係の人からは「シーツの取り替えは約2分で済ませる。お客さんはお金を払って利用しているのできれいにして気持ちよく使ってもらう」などと教えられた。  ジョブシャドウウイング事業は、失業率が高い県内の雇用情勢を全国並みに改善するため、県が取り組む「みんなでグッジョブ運動」の一環。児童生徒が働く大人の姿を観察し、仕事に取り組む姿勢を学び、将来の職業選択に役立てようと行われている。  協議会が名護市、うるま市、那覇市、豊見城市、宮古島市と5カ所あり、石垣市では協議会設置に向けて現在、産学間連絡調整会議で調整が行われている。  八重山地区では11月15日に白保中と大原中合同で事業が行われ、小学校による実践は郡内では今回が初めて。同ホテル以外では沖縄電力八重山支店とANAインターコンチネンタル石垣リゾートでも行われた。
  • タグ: 明石小学校
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム