八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

岡田幹事長が実現に意欲 沖縄振興一括交付金

八重山視察で見解示す
県と十分協議の必要性強調
 民主党沖縄協議会の座長を務める岡田克也幹事長は17日、八重山視察のため来島し、中山義隆石垣市長、川満栄長竹富町長と意見交換した。同協議会が政府に創設を要請している2012年度以降の沖縄振興一括交付金(仮称)について岡田幹事長は「ぜひ実現したい」と意欲をみせ、「(8月末の)概算要求の中で姿が見えてくるだろう」との見通しを示した。一方、「市町村にとっても自由度の高い制度設計が必要」として、予算配分の仕組みについては県と十分協議する必要があると強調した。  同協議会は、内閣府沖縄担当部局が計上する補助金・交付金と国直轄事業について使途を限定せず県の自由度が高い一括交付金とするよう提言、12年度概算要求に反映させることを求めている。  岡田幹事長は意見交換会の中で「国の関与が薄くなり、県の力が強くなるという心配があると思う。一括交付金になると、国に対するこまごまとした要請は必要がなくなる」と述べ、県と市町村との配分協議が重要になるとの認識を示した。  川満町長は「心配しているところだが、県には話し合いの場を設置してほしいと考えている。知事は公約に離島の振興なくして沖縄の発展はないと公言しており、公約を守ってもらえるよう強く訴えていく」と述べ、中山市長は「まだ協議していないが、できるだけ早めに詰めたいと考えている」と話した。  岡田幹事長は視察後、記者団に「市町村にとって使い勝手の悪いものにならないよう、自由度を上げる制度設計にしなければならないと改めて感じた」と語り、「県と協議会をつくって市町村の意見を反映させることが大事だ」と述べた。  県も、予算配分を話し合う市町村との協議の場を設置する考えを示している。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム