八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

うちわ需要が急増

 17日から始まる四カ字の豊年祭を前に日本トランスオーシャン航空八重山支社が15日、JAおきなわ八重山支店に「豊年うちわ」2000枚を寄贈した。豊年祭シーズンに向け恒例の寄贈だが、今年は福島原発被災による電力不足の影響でうちわの需要が急増。例年通りの時期に発注したが、届いたのはこの日の1便とか。原発被災がこんな形で影響するとは思いも寄らぬところ。  2011年度の八重農市は第2回も好評だった。今回は40年以上前に先輩たちが植えたというリュウキュウマツの板材も登場。12月の農業祭では、この材を製品にして展示販売する予定で、生徒の1人は「昔に植えた木が現代に生かせる」と長い年月をかけて育ったマツに思いを寄せる。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム