八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

900人の観光団来島 経済波及効果を期待

台湾企業が大規模ツアー
 900人規模の企業旅行ツアーが13日、スタークルーズ社のクルーズ船で八重山入りした。地元の観光関係者からは「大規模な観光団をいっぺんに受け入れる場合のシミュレーションになる」との声が聞かれた。  世界的な健康食品会社ハーバライフの台湾法人が社員らを対象に実施したもので、「インセンティブツアー(褒賞旅行)」と呼ばれる旅行。香港からの参加者も含まれている。11日と12日に沖縄本島を観光したあと、石垣入りした。  沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は、今回のツアーが県全体に与える経済波及効果を約2800万円としている。このうち、八重山への経済波及効果がどの程度かは算出していないが、市観光交流推進課は「相当なものになる」としている。  一行はバスなど23台に分かれて竹富島観光や川平湾のグラスボート観光などを行った。安栄観光によると、竹富島へ行くチャーターの高速船は30分刻みで8回運航する「過去に例がない」(安栄観光)体制で、バス3台分(約120人)を1グループとしてピストン輸送した。  この日のクルーズ船は同ツアーを含めて1600人余りが乗船。岸壁では午前11時ごろから市役所職員が民謡で歓迎し、乗客の代表に花束を贈った。中山義隆市長は「観光客が低迷するなかで、大変ありがたい。インセンティブツアーが今後、さらに石垣に来てほしい」と話していた。
  • タグ: 入域観光客台湾
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム