八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

被災地に応援メッセージ いわき市応援隊へ託す

 【波照間】東日本大震災の被災地でボランティア活動を行っている「福島県いわき市応援隊」の柏谷裕司さんが、このほど来島し、波照間中学校(仲底善章校長)の生徒から応援メッセージを託された。  柏谷さんはいわき市で海産物加工の仕事に就いていたが、震災と福島第一原発事故の影響で職を失った。先が見えない不安でいっぱいだが、「何もしないでいても仕方がない」と立ち上がり、岩手・宮城・福島県でがれきの撤去等のボランティア活動を行っている。  現在のいわき市の状況について、「多くの人が仮設住宅に入り、落ち着いたが、寂しい思いをしている人が多い」と説明、原発事故については「とても心配で、目に見えず、データもないのが不安」と話した。いただいてありがたく思っている。とにかく震災があったことを忘れないでほしい」と感謝した。  震災後、生徒会で募金活動を行った波照間中学校の生徒は、「一日も早い復興を願っています」「応援しています」とメッセージを書いた。柏谷さんは「日本最南端からも応援されて、日本が一つになって被災者の励みになります」と語った。

ページ移動

キーワード検索フォーム