八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

沖縄の泡盛がますます厳しさを増している…

 沖縄の泡盛がますます厳しさを増しているようだ。01年のNHKドラマ「ちゅらさん」で沖縄ブームが起こり、ゴーヤなど沖縄料理とともに泡盛も爆発的に売れ行きを伸ばしたが、ブームが一段落。5、6年前から低迷が続いている▼これに加えて最近は、ノンアルコール飲料に代表されるように酒を飲まない若者が増え、沖縄でも“泡盛離れ”が進む一方、長引く経済低迷の影響でスーパーなどから酒を買い込んでの「家飲み」が増えているというのだ▼この結果大型店などへの出荷量は増えたが、逆に居酒屋など飲食店への出荷が減り県内の酒造会社は一方で本土からの焼酎や日本酒の広がりにも押され、苦戦しているというのが実情▼一般的に今の若者は、格差社会の中で低賃金の貧乏生活を強いられ、結婚はおろか、将来の年金もどうなるかという気の毒な状況にある▼それだけに携帯を持つだけで精いっぱい。既に進んでいる“車離れ”に加え、“アルコール離れ”あるいは「家飲み」しないと財布が持たないということだろうか▼このような中で復帰40年の来年5月、酒税軽減の復帰特別措置が期限切れとなる。8度目の延長か、廃止による値上げか。沖縄の泡盛は、本土の酒に飲み込まれ破たんへの岐路にある。八重山も10社が泡盛をつくっている。(上地義男)

ページ移動

キーワード検索フォーム