八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

初実施は大きな意義

 栄地区で8日、地震・津波を想定した防災訓練が行われた。役割分担の面で不慣れな点が散見されたが、初めて実施したことに大きな意義がある。軽可搬ポンプを使った消火活動では、ホースの筒先が固定されておらず、放水後にあわてて接続するというハプニングがあったが、これも訓練の重要性を確認する機会になった。  JAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」で行われた八重山調理師会のゴーヤ試食会。これまでは、石垣港離島ターミナルでの開催で、観光客に大人気だったが、今年は初めて同会場で実施。来場者の大半は地元住民で、同調理師会も「より地産地消がアピールできた」と喜んでいた。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム