八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

共通チケット航路を拡大 観光フェリー・安栄観光両社離島間定期運航も開始

 八重山観光フェリー(花城吉治社長)と安栄観光(森田安高社長)の両社は、4月上旬から各離島航路の共通チケット制度適用航路を拡大した。これにより波照間航路を除く全航路で共通チケット制が適用され、また船会社ごとに分かれていた石垣港離島ターミナルの乗り場も、航路ごとに一本化され、利便性が良くなった。  共通チケットは、両社いずれの船にも乗船できるもので昨年、石垣~黒島、石垣~竹富航路で導入。今回はさらに大原、上原、小浜、鳩間航路にも広げた。  燃料高騰と観光不振に伴う利用者減で、両社は競合していた運航時間帯を見直し、減便しながら航路を維持している。チケットの共通化により、利用客にとっては利用できる便が増える。  また、これまで船会社ごとに浮桟橋を分けて乗船していたが、現在は航路ごとに乗船する形となり、「分かりやすくなった」と利用客からも好評だ。  さらに両社はこれまで観光ツアーに合わせて運航していた大原~波照間や大原~竹富間など離島間航路も定期的運航するようになった。  共通チケット制に川満栄長竹富町長は、「企業として減便しながらも町民の利便性は向上しており、会社間の連携に感謝している。離島間航路が拡充したことで島同士の連携がより濃密になるかどうか、一石を投じる取り組みだ」と喜んだ。  その一方、八重山観光フェリーは上原港~白浜港間の無料送迎バスの運行を休止、「採算性を踏まえると厳しい」と説明している。

ページ移動

キーワード検索フォーム