八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地震・津波緊急放送で協定 県内初、市とFMいしがき

 石垣市(中山義隆市長)と石垣コミュニティーエフエム(東太田政三代表)は27日、地震・津波などの緊急情報の割り込み放送に関する協定を締結した。コミュニティーFM局と自治体が同協定を締結するのは県内でも初めて。  協定内容は大規模テロなどの情報や推定震度5以上の緊急地震速報、津波・大津波警報などが発生した場合、通常の放送に緊急情報を割り込ませるもの。全国瞬時警報システム(J-ALERT)とも連動している。  27日午前、庁議室で行われた協定書調印式で中山市長は「災害に対する備えは災害発生時の迅速・的確な情報の住民への伝達が何よりも重要だ」と話し、同社の協力に礼を述べた。  FMいしがきでは25日から24時間放送を開始しており、東太田代表は「緊急時に市民の役に立てる仕事として責任を感じている。これから、緊急放送を瞬時に行えるように努力したい」と話した。

ページ移動

キーワード検索フォーム