八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

白浜港旅客待合所が完成 地域振興の拠点に

住民ら待望の施設喜ぶ
 【西表】白浜港旅客待合所の落成式典と祝賀会(主催・竹富町、白浜公民館)が26日、旅客待合所前と白浜公民館(海人の家)で行われた。旅客待合所は県の白浜港改修事業で整備されたもの。待合所の「白浜港ターミナル」愛称碑の除幕式とテープカットが行われたあと、公民館で開かれた祝賀会では地域住民が余興を披露するなど、地域挙げて旅客待合所の完成を祝った。  白浜港改修事業は総事業費約9000万円。旅客待合所は鉄筋コンクリート造り、赤瓦屋根平屋建て。延べ床面積は138平方メートル。駐車場や園路広場も整備された。  式典では、川満栄長町長や八重山土木事務所の大和田豊主幹、白浜小学校6年の島袋ゆいさんらが「白浜港ターミナル」の愛称碑除幕とテープカットを行った。  このあと祝賀会に移り、川満町長が「住民待望の旅客待合所が完成した。地域振興の拠点施設としても活用できる。関係者、地域住民とともに喜びたい」とあいさつ。  白浜公民館の大城一文館長は「旅客待合所の完成を白浜与那国間の定期航路開設につなげたい」と喜んだ。  西大舛高旬町議会議長、那根操祖納公民館長、高嶺善伸県議会議長、辻野ヒロ子県議らも「これからは離島の時代だ」「旅客待合所を最大限に活用してほしい」などと祝辞を述べた。  祝賀会には、地域住民や関係者が多数詰めかけ、白浜公民館の青年部や婦人部、船浮公民館婦人部が余興を披露。最後は全員で万歳三唱を行い、旅客待合所の完成を盛大に祝った。
  • タグ: 西表島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム