八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

被災地復興に心を込めて Tシャツ販売の収益寄付

東北人会と南西Tシャツ
 17日のトライアスロン大会の会場で、東日本大震災の被災地を支援するチャリティーTシャツを販売したやえやま東北人会の水上綾子代表と南西Tシャツ倶楽部の西蔵会長らが19日午前、市役所で義援金を中山義隆石垣市長に手渡した。  市によると、大会では前日の16日と合わせて2日間、義援金の募金活動があり、東北人会の収益金45万円、同会が会場で8人から託された1万4000円、同倶楽部の収益金16万9300円、日本トライアスロン連合と株式会社セレスポから合わせて9万2125円、市の新規採用職員やすぐやる課職員、募金箱への募金で合わせて5万5358円となり、総額78万783円だった。  同会は300着を用意して販売に臨み、完売するともに、新たに140着分の予約を受けた。水上代表は「温かい思いで買っていただいた」と感謝の気持ちを述べた。  西蔵会長は「Tシャツ販売のコーナーでは『Tシャツはたくさんあるから買わないが、寄付はしたい』という人もいた。今後も、息の長い取り組みをしたい」と話していた。  中山市長は「みなさんが活動してくれて、本当の意味で被災者支援のための大会になったと思う」と話した。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム