八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

トライアスロン開催へ 激励込めた大会に

競技通じ被災地を支援
 石垣島トライアスロン大会組織委員会(会長・中山義隆市長)は22日午前、庁議室で会見し、東日本大震災被災地への支援を含めて4月17日の「Ishigaki ITU Triathlon World Cup 2011 / 石垣島トライアスロン2011」を開催することを発表した。  大会では、日本オリンピック委員会(JOC)会長、日本トライアスロン連合(JTU)会長と名誉会長、選手委員長などが大震災に対しメッセージを発信。ポスターやTシャツ、タオルなどすべての印刷物と制作物には激励のメッセージも入れる。  中山市長は「東北地方の大震災にお見舞いを申し上げ、亡くなった方のご冥福をお祈りしたい」と述べ、「石垣島の準備は万端で、選手の来島についてもおおむね参加の意思がある。震災に配慮し、激励を込めた大会にしたい」とあいさつした。  同席したJOCトライアスロンナショナルコーチの飯島健二郎氏は「トライアスロンを通じて震災の復興を支援したい。要請があれば、選手の方で義援金を集める支援も行いたい」と話した。
  • タグ: トライアスロン
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム