八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

私事にわたる話で恐縮であるが、私が発行人となっている…

 私事にわたる話で恐縮であるが、私が発行人となっている総合文芸誌『邂逅(かいこう)』が3月1日付で出版された。23年かかってやっと19号である▼広告その他、他からの援助を一切受けず、いわば同人たちの「模合」のような形で運営してきたから結構大変であった。当初から事務局を担当しているMさんや歴代編集長の尽力のたまものである▼本誌の特徴は常に新人が参加していることだ。今回は8人。また島外からの移住者、例えば東京、神奈川、埼玉、岡山等々の出身の方々が喜んで参加してくれている。英国からも。文章をつづるということは極めて意識的な作業であるから、小さな文芸誌という枠内ではあるが、島外他者との批判的意識的交流の場ともなっているように思う▼悩みもある。23年前といえば皆若かったが今や老齢期?…に近づきつつある。「はるばると至れるここより眺むれば…」という心境でいろいろ言えるようになってきてはいるが、これはコレステロールであるのかもしれない。やはり若い発想、若いエネルギーがほしいとは同人一同の願いである▼ともあれ、詩あり短歌・俳句あり、エッセーあり論考あり、小説あり一筆コラムありでなかなかのにぎわいである▼これらの作品が少しでも八重山の意識深化に役立てばと思う次第だ。(八重洋一郎)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム