八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

様変わりした自衛隊対応

この島は一体どこに向かうのか
■紙面にぎわす自衛隊関連報道  昨年から今年にかけて自衛隊に関する報道が本紙をにぎわせている。ざっと紙面をめくると、昨年3月北沢防衛相の与那国初視察と同町に自衛隊配備検討発言、5月石垣市が初の自衛官募集業務受託方針表明、6月自衛隊ヘリ搭乗体験、7月防衛省が5~8年後宮古・八重山に陸自配備検討報道、平和団体が配備反対行動、10月衆院安全保障委が与那国と尖閣視察、11月与那国防災訓練に陸自120人参加。  さらに年末は12月石垣市・竹富町が国民保護協議会関連条例提案、自衛隊音楽コンサート開催、与那国含む八重山・宮古への陸自配備を盛り込んだ新防衛大綱決定、今年は2月に海自掃海艇2隻入港、同先島への陸自配備で各市町への現地調査の説明明らかに、元内閣官房副長官補先島配置に疑問呈す、自民石破政調会長来島・必要性指摘、3月海自護衛艦寄港・佐世保地方総監初来島、自衛隊採用予定者激励会といった具合に盛りだくさんだ。 ■保守市長誕生で様変わり  むろんそれ以前にも護衛艦が入港したことなどはあったが、それ以外はここ6、7年恒例となっている自衛隊音楽隊のコンサートのほかは、革新市政が16年も続いたせいか自衛隊は控え目だった。しかし昨年3月保守市長になった途端、「出入り自由の自衛隊」に石垣市の対応は大きく変化した。  確かにそれが政権交代というものだが、しかしその以前の半嶺市長時代は同じ保守ながら自衛艦の入港などはほとんどなかったし、郡民に自衛隊への拒絶反応があった当時と比べ時代はやはり大きく変わった。  しかしそれでも依然郡民の間で拒否反応は根強いし、相次ぐ自衛艦入港に加え西部方面の自衛隊トップの佐世保総監まで来島。さらには右翼団体が日の丸を掲げて市庁舎に出入りする光景は全国でも恐らく珍しく八重山ではかつてないだけに、これにはさすがに保守系の支持者さえも違和感と戸惑いを訴えていたほどだから、やはり従来からすると異様ともいえるものだ。 ■市長は透明性図れ  そこで中山市長に求めたいのが、島を二分して賛否がある問題だからこそ透明性を図ることと、わかりやすく丁寧な説明、それに節度ある対応をお願いしたい。これがこと自衛隊問題では十分になされているとは思えない。  2回の入港はいずれも直前にわかったが、今月のイージス艦入港に関しても掃海艇入港の際に既にわかっていたのがその際に説明はなかったと聞く。新防衛大綱の説明は、会ってないといいつつ、それも那覇に出向いて2回も会っていたとか、佐世保総監との面談も市長日程には掲載しないとか、さらには反対派の要請には直接応じないなど不信を与える面がみられる。  宮古は役所で下地市長が直接説明を受け、地元紙にも掲載されている。  宮古同様メディアも交えて説明を受けると同時に、先島の防衛強化とはどういうものか把握し、その都度市民に問題提起の必要があるべきだろう。こそこそしているようなイメージはまだこれからの若い市長には似合わない。  市長は「自分から積極的に誘致はしない」と常々言っている。革新系の前市長は自衛隊は「殺人装置」と発言して物議をかもした。小さな島を脅威に巻き込む、しかも与那国と違い地元が積極的に要請したものでない国押しつけの“騒動と対立の火種”は最初から明確にお断りしてほしい。対立増幅は市長公約の「日本一幸せあふれる石垣市」づくりに逆効果としか思えない。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム