八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

名蔵中、地震や台風の発生を学習 京大の宮崎准教授が特別授業

 名蔵中学校(宮良美代子校長、生徒23人)で2月28日午後、京都大学大学院理学研究科准教授の宮崎真一氏の理科特別授業が実施された。  特別授業では、宮崎氏がダジック・アース(デジタル4次元地球儀)を使い、半球形スクリーンに偏西風や貿易風により動く雲の動きやオーロラ、地震等を投影。台風などの発生と経路などを紹介した。  また、小麦粉とココアを重ねて容器に入れて断層に見立て、それに横から力を加えることで断層を壊す実験を行い、断層がずれることで発生する地震発生のメカニズムを学んだ。生徒たちは、ダジック・アースによる立体的な雲の動きや、断層破壊実験などに興味を示し、熱心に授業を受けていた。

ページ移動

キーワード検索フォーム