八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カンヒザクラが満開 旧荒川奥林道沿い滝周辺

 荒川沿いに自生する国指定天然記念物のカンヒザクラがいま満開を迎えている。  旧荒川奥林道を約30分ほど登り、小さな滝周辺のカンヒザクラ群が新緑に混じって鮮やかな緋色をみせている。  カンヒザクラは「緋寒桜(ヒカンザクラ)」ともいわれ、1~2月の寒い時季、県外の淡紅色の桜とちがって濃く明るい緋色の花を咲かせるところから名付けられた。  荒川のカンヒザクラは年々減る傾向にあり、ひと昔前までは、山肌一帯を染めるほどだったが、近年はその面影もなく、奥地に行かないと見られなくなってしまい、枝ぶりも以前のようではなくなっているようだ。  撮影した松島昭司さんによると、1月の例年にない冷え込みに誘発されたか、今年は特に濃い紅紫色の花を咲かせているという。

ページ移動

キーワード検索フォーム