八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ロッテキャンプでにぎわう市運動公園で…

 ロッテキャンプでにぎわう市運動公園でちょっぴり残念な光景を見た。屋内練習場西隣に記念植樹された仲井真知事と大浜市長の標柱は立てられているのに、肝心の樹木がないのだ▼隣でかろうじて1本だけ生き延びているNPO花と緑の石垣島の樹木を見ると、恐らくカンヒザクラが植えられていたのが枯れてしまったのだろう▼何かの記念植樹でもこのずさんな管理はいかがなものかと思う。ましてそれが「全島緑化県民運動花と緑の森づくりin石垣島」で昨年3月に、新川川周辺含め計800本が植えられたものというから「あとは野となれ山となれ」のこのいいかげんな管理には、いやはやあきれるばかりだ▼きちんと手入れしていればこの先きれいな花を咲かせたはず。一体それは誰が管理することになっていたのか▼樹木が枯れていれば標柱も撤去すればいいのにそのまま放置。しかもロッテのキャンプに合わせて、一帯はごていねいに草刈りもしてきれいに整備してあるのに、その中で主のない標柱だけが2本ぽつんと倒れかけて立っている光景はなおさらぶざまだ▼この種のケースはほかにもあるだろう。石垣市は毎年、緑の募金でイジュやクロトンなどの苗木や花の苗1200鉢前後を市民に配布しているが、これらはちゃんと育っただろうか。(上地義男)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム