八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

白浜・西表中の統廃合を承認 「統合やむなし」白浜公民館

町教委、12月議会に提案へ
 白浜中学校と西表中学校の統廃合をめぐって、白浜公民館(大城一文館長)はこのほど、臨時総会を開き、白浜中を西表中に統合する竹富町教育委員会の案を賛成多数で可決した。来年度から西表中に統合される見込み。大城館長は「総会もぎりぎりで成立。賛否も分かれてしまったが、西表中への統合やむなしという結論に至った」と説明。町教委では11月定例町教育委員会に諮ったあと、12月定例町議会に両校の統廃合案を提案する。  白浜中を西表中に統合する案については、2004年から議論が続けられてきた。当初は複式学級の解消を目的としていたが、両校の生徒数の減少から統合しても解消には至らない状況となったため統廃合案を保留。  地域住民からは「母校がなくなるのは寂しい」といった存続を求める意見が相次ぐ一方、保護者からは「(子どもに)同級生がいないと団体競技もできない」として統合に賛成する意見も根強く、賛否が分かれていた。  町教委の慶田盛安三教育長は「議論が始まって6年余りが経過していることもあり、保護者から統合への意見も強い。しかし、反対意見もあるので、難しい問題だ」と話した。  来年度からの統合となった場合、白浜小6年生児童2人が新年度から西表中に通学することで同校の生徒数は計4人となるが、複式学級の解消にはつながらないのが現状。  臨時総会の結果を受けて大城館長は「中学校の廃校を契機に小学校までという危機感もあったが、子を持つ親の意見が強かった。いったん、学校がなくなると再開が厳しくなるため、残念だ」と話した。  町内では、白浜中と西表中の統廃合のほか、波照間小と波照間中を小中併置校とすることで校長・教頭を一本化し、教師の増員や学校施設の有効活用を図る方向で調整を進めている。
  • タグ: 学校統廃合白浜小中学校西表小中学校西表島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム