八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富島リゾートに給水しないで 竹富島憲章を生かす会が市に要請

 竹富島憲章を生かす会の上間毅代表は18日午後、市役所に中山義隆市長を訪ね、竹富島東部地区で建設が予定されているリゾート施設に対して水を供給しないことを要請するとともに、同会が提案している「竹富島景観保全税条例」の制定に向けて石垣市の協力を求めた。  同要請では石垣市と竹富町の間で締結されている「竹富島への分水協定書」の中で給水の対象は「竹富島住民」としており、町が大型リゾート施設に送水することは協定書に反することになるとして、リゾート施設への水の供給を行わないことを求めている。  上間代表は「竹富島のリゾートは八重山全体が共有する問題だと思う。住民の生活用水としての分水協定の精神を守ってほしい」と要望。近内京太弁護士も「いろんな形で事態が進行してしまうと取り返しが付かなくなる」と危機感を訴えた。  中山市長は「今日の段階で判断は出来ない。入島税については話が進んだとしても現時点でわれわれとしてはコメントできない」との答えに留めた。  同席した水道部局担当職員は「竹富島住民に対して給水しているというとらえ方ではなく、竹富島エリアに給水しているという考え方だ」と述べ、住民以外への分水停止の考え方に疑問を呈した。

ページ移動

キーワード検索フォーム