八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

WWFしらほサンゴ村盛大に10周年祝う

加藤さんらがコンサート
 白保のサンゴ礁保全を目的に2000年4月に設立されたWWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」(上村真仁センター長)の開設10周年記念式典と祝賀会が17日午後、白保公民館で開かれた。式典では歴代公民館長や同村の開設・運営に協力した13人に感謝状が贈られた。  しらほサンゴ村は地域コミュニティ主体のサンゴ礁保全と持続可能な地域の実現を目指して公民館と連携し、人材や組織、産業づくりなどを行ってきた。  式典ではWWFジャパンの島津久永副会長が「サンゴ礁の海はそこに暮らす人々の生活と密接にかかわっている。素晴らしいサンゴが残されていることは皆さんの努力のたまもの」と式辞。仲井真弘多知事(代読)、奥田直久環境省那覇自然環境事務所長、中山義隆石垣市長が祝辞を述べた。  続いて「次の10年に向けて」と題し、上村センター長が「サンゴ礁文化の継承と村の活性化をつなげる取り組みができるのではないか」と公民館を主体としたNPO法人の設立を提言、「これからも白保の皆さんと一緒に村づくりやさんご礁の保全に取り組みたい」と決意を新たにした。  祝賀会では、同村職員と白保中学校生徒による「鷲ぬ鳥節」で座開き、各舞踊研究所による「白保口説」「繁昌節」などの踊りが花を添えた。  式典に先立ち、白保船着場で記念植樹・エジンバラ公植樹記念碑の除幕が行われたほか、さかなクントークショーや白保とかかわりの深い歌手の加藤登紀子、白保出身の民謡歌手・新良幸人さんら記念コンサートも行われ、地域を挙げてサンゴ村の10周年を祝った。  感謝状と功労者表彰を受けたのは次の各氏。  感謝状=多宇勇、東川平勇、仲宗根文吉、前内原用吉(サナバ)、川平五郎、石垣信善、多宇元、前内原用吉(メスパレー)、花城芳蔵  功労者表彰=迎里清、大島彦成、島仲友吉、山城常和
  • タグ: WWF
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム