八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県は今年4月からパスポートの発給業務を…

 県は今年4月からパスポートの発給業務を各市町村に移譲することにしているが、離島の市町村は宮古島市も与那国町も竹富町も、すべて住民の利便性がアップするとして受け入れを承諾しているのになぜか石垣市だけが断っていることがわかった▼市によると、受付から交付まですべて市が行う完全な権限移譲でなく、受付だけの事務移譲であることに加え、現行通り県がやると6日で発給できるのが、市がやると10日もかかるタイムロスを理由にあげている▼これに対し県は、発給はどこがやっても10日かかるし、権限を完全に移譲してもよいが、それには機材の設置管理で毎年2500万円かかることから、年間1300件前後の八重山の発給規模ではそれは困難ではないかとしている▼宮古島市は、県の旅券発行所は場所も遠いし、役所でやれば戸籍関係の書類もその場でそろえ申請できるので市民サービスのアップになると歓迎している▼確かに与那国町も、石垣に出かけなくても役場で受け付けて県に発送すれば済む。そのために石垣を除く県内全離島が受け入れているのだろう▼石垣市も旧八重山支庁の旅券発行所は場所的に近くないし、台湾とのさらなる交流拡大を目指す市として、どのほうが市民サービスになるのかいま一度検討の必要があるだろう。(上地義男)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム