八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「あやぱにモール」名称を譲渡、3月14日から「ユーグレナモール」に

アーケード設置の“借金”返済で
 中心市街地の「あやぱにモール」が、東京都の企業・ユーグレナに命名権(ネーミングライツ)を譲渡、3月14日から「ユーグレナモール」と名称変更されることが12日、分かった。市中央商店街振興組合(仲本勉理事長)は、これによりアーケード設置時に活用した国からの借入金返済に充てる方針で、商店街の命名権譲渡は全国で初めて。市民が長年慣れ親しんだ「あやぱにモール」の名称は消えることになる。  振興組合は1987~88年のアーケード設置時に、国の制度資金約2億3000万円を借り入れた。その後、負担金を完済した組合員がいる一方で、客離れなどで店舗の移転や廃業が相次ぎ、約9500万円を滞納、貸付窓口の県から返済を求められていた。  さらに今後、アーケードの維持管理や修繕などで約5000万円が見込まれ、同組合は08年からは管理費を徴収しているが、残債返済に向けて同年10月に理事会で命名権の譲渡を決め、仲介業者を通して買い手を探していた。  その中で昨年、ユーグレナ社から打診があり、3月14日から2年間契約で命名権を譲渡することになった。契約金額は非公表。同社は、石垣島で生産される微細藻類ユーグレナを利用した機能性食品やサプリメントの開発・販売などを行っている。  しかし、組合員や市民に周知徹底されず、公募も行われなかったことに不満の声があり、これに同組合は「不慣れ、不手際だった」と謝罪。その上で「あやぱにモールの名称に愛着心はあるが、背に腹は代えられない。全国的にも借入資金の返済に困っている商店街があり、そういったところへ財源確保の一石になれば」と理解を求めている。  同組合は10日、命名権譲渡を市へ報告。これに、市企画部は「実情を聞くと、組合員の生活が成り立たなくなり、モール街の存在自体も危うくなると考えて同意した」という。  同商店街の店主のなかには「突然言われても名刺や広告に『あやぱに』の名称を入れており、全部変えなければならない」と戸惑う人もいる。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム