八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

昨年11月の石垣島まつりのさいに本欄で…

 昨年11月の石垣島まつりのさいに本欄で指摘した真栄里公園の花壇に、昨年暮れから赤やピンクのきれいな花が咲き出し、公園を利用する人々の心を和ませている▼平得在住の元教師Nさん(70)が、放置されていた5つの花壇のうち3つに、サルビアやインパチェンスの苗を買ってきて植えたのが花開いたのだ▼真栄里公園は遠くからもルーキーママが次々公園デビューするなど、連日子どもから年寄りまで大勢の人々が利用する市内で最もにぎわいのある公園だが、なぜか花壇は5、6年前の供用開始以来、ボランティアを呼びかけるでもなく、ずっと市から放置されてきた▼そこでNさんがウオーキングで同公園を利用し、月に1回は退職教員のグラウンドゴルフでも世話になっていることから、少しでも恩返しになればと70歳の誕生祝いも記念して花植えを買って出た▼近くヒマワリも大輪の花を咲かせる予定だが、問題はあと2つの花壇はこれからもそのままほったらかしにされるのかということだ▼せっかく造った施設は当然生かされるべきだし、「あとは野となれ山となれ」式の役所の対応はいかがなものか。それこそ税金の無駄遣いというものだ▼市民の癒やしの場である公園にはやはり花が似合う。花壇は色とりどりの花で飾られるのを待っている。(上地義男)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム