八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

クラシックファンを魅了 フルートとピアノの夕べ

 コンサート「ファンタジー八重山~フルート・笛とピアノ、歌声の夕べ~」(主催・同実行委員会)が3日夜、石垣市民会館大ホールで開催され、多くのクラシックファンが本格的な演奏を楽しんだ。  コンサートは2部構成で行われ、第1部では石垣第二中学校出身のピアノ奏者・浜元華織さんと県立芸術大学音楽学部教授でイタリア・ボルツァー市現代音楽アカデミー主席奏者でフルート奏者の高橋眞知子さんがモーツァルト作曲の「ファンタジー」やルーマニア民俗舞曲、ジョリヴェ作曲「アッセス」など4曲を披露。  第2部では、作曲家で沖縄伝承音楽を研究している杉本信夫さんが採譜・作曲した「昼の子守うた」や「こねまぬ笑た」、「牛ぬ足ゾレゾレ」など八重山の童謡をいしがき児童合唱団が浜元さんのピアノ演奏に乗せて歌った。  子どもたちの歌声に、ピアノとフルートのハーモニーが加わり、心地よいメロディーに聴衆から大きな拍手が送られた。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム