八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

10月から引き取りに手数料 犬・猫の飼い主責任明確化

 10月1日から、飼い犬・飼い猫の保健所での引き取りに手数料がかかることになり、八重山福祉保健所生活環境班では注意を呼びかけている。  飼い主責任の明確化や安易な引き取りの防止、受益者負担などの観点から手数料が決まった。  手数料の金額は犬の場合、91日齢以上で30キロ以上が3500円、30キロ未満が2500円。91日齢未満は500円。  猫の場合は91日齢以上が2500円、91日齢未満が500円。  飼い主が所有権を放棄した犬や猫は、ほんの一部が新しい飼い主にもらわれていくものの、その大部分が殺処分されている。  同保健所では「手放した犬・猫には原則として二度と会えない。少しでも未練があるならば引き取りを求めず、飼い主自身が飼い続けるか、新しい飼い主を探してもらいたい」と呼びかけている。  なお、引き取りが有料化されることにより、犬・猫が捨てられることの増加が懸念されているが、「動物の愛護および管理に関する法律」により、飼っている動物を捨てることは禁止されており、違反すると最大50万円の罰金が科せられる。  問い合わせは同保健所生活環境班(82-3243)。

ページ移動

キーワード検索フォーム