八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

重文の扱いに慎重期す

 桃林寺の仁王像が13日、山門から本堂に移され、写真撮影が行われた。わずか10数メートルの距離だが、中性紙で顔や胴体を保護し、専用の荷台も用意された。撮影も1体ずつ入念に行われた。午前9時から始まった作業は、午後1時半ごろにようやく1体の撮影が終わるなど、重要文化財だけに極めて慎重だった。  石垣市保育向上推進協議会に加盟する保育園6園が行った消防署の見学。同協議会初の試みで、子どもたちも間近で消防署員を見るのは初めて。消防署員の一つひとつの動きに目を輝かせ、少しでもすきがあれば署員にたくさんの質問をぶつけていた。子どもらには最高の機会となったようだ。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム