八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大原港またも浸水 高潮で構内に海水流れ込む

 台風8号による高潮の影響で7日午前7時半ごろ、西表島の仲間港と大原港に海水が押し寄せ、港内は一時海につかる状態となった。仲間港旅客待合所で床下浸水の被害が出た。  水中観光船「うみえ~る」の山田清久さんによると、大原港では、海水はうねりを伴って1メートルの高さのある事務所まで水位が達した。土のうなどを置いて事務所内への侵入を防いだが、この状態が2、30分続いたという。  山田さんは「うねりを伴って海水が入ってきたので、港が海になった。事務所と船があるので避難するわけにはいかず、死ぬかと思った」と当時の恐怖を語った。  大原港には手前と奥に防波堤が整備されているが、山田さんは「奥の防波堤が低いため、海水がうねりを伴って越えてきた」と指摘した。

ページ移動

キーワード検索フォーム