八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

観光地を清掃 タクシー協会八重山支部

 県ハイヤータクシー協会八重山支部(平良祐助支部長)は5日、「タクシーの日」にちなんだ取り組みとして、川平公園周辺と米原海岸周辺の観光地で清掃を行った。乗客には約1000個のポケットティッシュを配布した。  同日は、97年前の1912年(大正元年)に日本で初めて東京でタクシーが運行した日。川平公園周辺での清掃前に平良支部長は「タクシーの日には例年、空港を掃除しているが、今回は観光地で清掃し、タクシーをPRしよう」とあいさつした。  各社の代表ら10人余が参加し、周辺道路に雑草やごみを拾い集めた。  支部には現在、石垣市12社(294台)、竹富町西表2社(6台)、与那国町1社(3台)が加盟。与那国町の1社が先月入会し、八重山全域を網らする組織となった。  平良支部長は「タクシーの日を知らない人が多い。交通機関としてのタクシーの重要性を知ってもらい、利用してもらいたい」とPR、「台湾のクルーズ船に対応するための講習会や、接遇マナーなどの講習会を開催していきたい」と乗務員の資質向上に努める考えを示した。

ページ移動

キーワード検索フォーム