八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

修学旅行キャンセル6校に増加 新型インフル感染拡大で

 新型インフルエンザの感染拡大で、八重山への修学旅行のキャンセルは19日現在、6校になっていることが八重山教育旅行誘致委員会(事務局・八重山ビジターズビューロー)の調査で分かった。10宿泊施設から回答を得た。  誘致委によると、中止となったのは6月までに予定されていた高校の修学旅行。大阪4校、東京1校、神奈川1校がキャンセルした。東京の1校は5月の予定を来年3月に変更した。  八重山での日程は2、3泊を予定。正確な人数は把握できていないが、延べ宿泊数から推測して1000人程度とみられるという。  4校400人弱の受け入れを予定していたバス会社によると、延べ数十台がキャンセル。担当者は「打撃は大きいが、修学旅行の多い10月だったらもっと被害が大きかった」と話し、海外で修学旅行を予定していた学校が石垣島に振り返るケースも出ていることから「今回のキャンセル分を穴埋めできれば」と期待をつないだ。

ページ移動

キーワード検索フォーム