八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

掃海艦模した山車で抗議へ 5・15平和行進で自治労

 5・15平和行進(平和とくらしを守る八重山地区実行委員会主催)で、自治労(川上和也委員長)は米海軍の掃海艦を模した山車(だし)に「平和港湾宣言、石垣港に軍艦はいらない」などと書き込んで抗議することにしている。掃海艦が4月に、復帰後初めて入港したことから港湾ゲート前も行進コースに組み込まれており、改めて抗議の意志を示す。本島の平和行進(16、17日)にも持参する。  「パトリオット」「ガーディアン」の2隻を模した長さ3.6メートル、高さ1.8メートル、幅0.9メートルの山車。船首に「平和行進」、船体に「米軍は二度と石垣、八重山へ来るな」「憲法9条を守る」「武力に頼らない平和を」とのメッセージを書き込んだ。蛍光塗料を使って夜間でも目立つようにした。  執行部と青年部で製作した。川上委員長は「二度と来ないよう怒りを込めてつくった」と強調。大浜信宏青年部長は「入港したときにも怒りを感じたが、山車をつくることで石垣港に軍艦はいらないということを再認識した。行進には多くの人に参加してもらいたい」と話している。  平和行進は白保小学校前を午後3時、JA大浜支店を午後6時に出発する。午後8時から新栄公園で集会を開く。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム