八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

横断幕盗難事件「うやむやにさせない」 いしがき女性9条の会

米総領事などに謝罪要求
 在日米海軍佐世保基地所属の掃海艦2隻の寄港に反対する横断幕が持ち去られた盗難事件で、横断幕を所有するいしがき女性9条の会(大島忠枝事務局長、会員95人)は13日、記者クラブ室(市役所内)で会見し、「絶対うやむやにさせない」として八重山署に迅速・厳正な捜査を求める一方、ケビン・メア在沖米国総領事と在日米海軍佐世保基地司令官に対し謝罪と真相究明を要求していることを明らかにした。同日までに同署に要請、メア総領事らには配達証明付きの文書を送付した。  要請で9条の会は、横断幕を取り外して持ち去る米兵らしい人物2人が監視カメラに記録されていることを指摘した上で「横断幕の窃盗は計画的、組織的に行われた悪質な犯罪」と糾弾、八重山署には犯人の逮捕を含め迅速・厳正な捜査と対応を要請した。  メア総領事に対しては、出港直前の報道陣のインタビューで「捨てられたごみ」との認識を示したことに触れ、「事実を隠ぺいし、私たちを冒涜(ぼうとく)するような発言を行い、怒りを禁じ得ない」と抗議、謝罪を強く要求している。  会見で大島事務局長は「私たちの思いを込めた横断幕をごみ扱いされ、怒りを禁じ得ない」と抗議、他のメンバーも「艦長を通じて横断幕は八重山署に引き渡されており、軍も承知していたはず。知らないでは済まされない」と声を挙げた。  9条の会は3日午前、「NO WAR SHIP」(軍艦はいらない)と大書した横断幕を掃海艦が接岸した近くのフェンス外側に取り付けたが、翌朝にはなくなっていた。5日の出港前に艦長から米海軍犯罪捜査局を通して八重山署に引き渡されている。
  • タグ: 在日米軍
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム