八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

イタチザメなど31頭駆除 八漁協電灯潜り研究会

 八重山漁協電灯潜り研究会(上原吉高会長)のサメ駆除が2月27日、行われ、イタチザメなど31頭を仕留めた。今年に入って登野城漁港でサメの出没がたびたび目撃されており、市はサメ駆除の効果を期待する。  駆除は2月26日、研究会の7隻が石垣島周辺海域ではえ縄をしかけ、27日に引き揚げた。イタチザメのほかアオザメとみられる海のギャングも揚がった。  駆除は、市が漁業再生支援事業として助成している。

ページ移動

キーワード検索フォーム