八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ボランティアの限界

 2003年からモニタリングを兼ねてオニヒトデの予防駆除を行っている八重山ダイビング協会と竹富町ダイビング組合。08年は累計で790人、1614本、96隻を動員した。協会や組合の費用で対応しているが、「限界に達している」(組合)と悲鳴を挙げる。漁業者が行っているサメ駆除には支援がある。ならばオニヒトデ駆除にもあっていいと思うのだか。  カンムリワシ・リサーチが作成した交通事故防止のチラシを見ると、於茂登トンネルの南北でカンムリワシが交通事故に遭っていることがよく分かる。冬場は、カンムリワシのえさが少なくなり、カンムリワシが道路に出ることが多い季節。富野小中学校の子どもたちは12日、横断幕や「カンムリワシの交通事故が多発しています」などと書いたパネルで事故防止を訴え。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム