八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

営農対策にさんご礁基金を 石西礁湖自然再生協議会

赤土流出防止で支援提起 意見交換、技術指導も
 第10回石西礁湖自然再生協議会が30日午後、八重山支庁2階大会議室で開かれ、石西礁湖自然再生行動計画策定に向け▽陸域対策▽普及啓発▽資金メカニズム―の3つのグループに分かれ、協議した。「陸域対策」の行動計画案では、具体的な取り組みとして赤土流出防止対策と水質汚濁物質の対策の2つの対策について、既存の取り組みと課題、それを踏まえた具体的な行動について示している。  このうち赤土流出防止対策では、既存の取り組みとして▽水質保全対策事業(県)▽赤土等流出防止対策事業(県・市)▽赤土流出防止対策取組農家表彰(市)の実施。課題として▽実際に対策を行う農家や開発事業者等への普及啓発▽対策推進のための新たな制度や仕組みの検討等、赤土流出防止対策のさらなる充実―などを挙げた。  そのうえで、具体的な実施対策として▽農家等の関係者が集い意見交換できる場の検討・具体化▽営農対策に取り組む農家に対する石西礁湖さんご礁基金を活用した資金、資材、機械等の支援▽営農対策や環境保全型農業について必要な技術指導を行う仕組みや制度の検討―などを挙げ、実現可能な物から取り組むとしている。  資金メカニズム班からは▽基金事務局の選定▽寄付金の集め方▽今後のスケジュールについて協議し、2月23日に開くワークショップで具体的に協議することが報告された。
  • タグ: サンゴ赤土流出
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム