八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山病院、独法化に断固反対

大浜市長「離島医療が後退」
 八重山病院など県立病院の独立行政法人化が「県立病院のあり方に関する基本構想」(素案)に盛り込まれたのに対し、大浜長照市長は25日、記者懇談会で「反対だ。これは譲れない話だ」と断固反対していく考えを示した。  独法化について大浜市長は「基本的には民営化し、不足分(赤字分)は受益団体の公共団体で補てんすることを明確にするもので、県の責任がなくなっていく」と説明。「そうなると医者がいなくなったり、離島の診療所が閉鎖されたりすることが容易に予想される」と危機感をあらわにした。  その上で「これを許すと取り返しのつかないことになる。県は最低限の医療を守る必要がある。取り返しのつかないのが人の命だ」と強調した。
  • タグ: 医療病院
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム