八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

琉球の自治の集い 船浮リゾート開発で意見を交換

土地買い占め問題
大型観光船ツアー計画も
 「ゆいまーる琉球の自治の集いin西表島」(主催・NPO法人ゆいまーる琉球の自治)が15日、竹富町西表島の祖納公民館で開かれ、県内各地域で自治活動に取り組んでいる約20人の参加者が、西表島や石垣島などで進んでいる本土企業によるリゾート開発についての地方自治の実践について意見を交換した。  このうち船浮公民館の嘉目信行館長は、船浮地域で、本土リゾート開発企業と石垣市内の観光関連企業による土地買い占めがあるほか、市内企業が、同地域で大型観光船を使った250人規模の観光ツアーを計画。すでにその休憩所が公民館の許可を得ずに建設され、人口42人の小さな集落が同企業の参入に対する賛否に揺れていることなどを報告した。  嘉目館長は「小さな島の住民がバラバラになっている。静かな自然を残す部落にしたいが、まだ、大げさに反対運動をするまで住民がまとまっていない」と述べ、参加者に助言を求めた。  これに対し、参加者からは「集落内で規約を作り、後から入ってきた住民を議決権を持たない準組合員としてはどうか」「外部に船浮の自然を守る会などを立ち上げ、地域と連携しながら(反対運動を)やっていけば良いと思う」などの意見が出された。  また、同企業が休憩所建設で、1957年に県が天然記念物に指定したヤエヤマハマゴウの群落を1本を残し伐採したことも指摘された。  この日は祖納公民館長の石垣金星氏が「八重山諸島、西表島が抱える諸問題と自治の実践」、石垣島島民会議事務局長の鷲尾雅久氏が「石垣島の乱開発の現状と島民会議の活動」、WWFサンゴ礁保護研究センター・しらほサンゴ村センター長の上村真仁氏が「白保サンゴ礁の現状と白保の持続的な地域づくり」、竹富島喜宝院蒐集館長の上勢頭芳徳氏が「竹富島のまちなみ保存と今後の課題」について報告し、参加者で意見を交換した。
  • タグ: リゾート開発西表島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム