八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

泡盛鑑評会、八重山4酒造所が受賞

高嶺酒造は県知事賞も
 【那覇】沖縄国税事務所(上條克彦所長)の平成20年度泡盛鑑評会表彰式が4日、那覇市内のホテルで行われ、古酒の銘柄が優秀と高い評価を受けた石垣市の高嶺酒造所(高嶺善伸社長)、八重泉酒造(座喜味盛二社長)、請福酒造(漢那憲仁社長)と与那国町の崎元酒造所(崎元初社長)が、それぞれ沖縄国税事務所長賞を受賞。高嶺酒造所は県知事賞にも輝いた。4社の製造責任者4氏は酒造技術の研さんが認められ表彰された。  同鑑評会は、泡盛の品質向上と製造技術の研さんにより、泡盛製造業の発展などを目的に開催。今年は県内の46社から172点が出品され、優秀な古酒と評価された18社に沖縄国税事務所長賞、5社の代表者に県知事賞が贈られた。  表彰式で上條所長が「業界の発展に向け、消費者の期待を裏切らない泡盛を市場に送り出してほしい」と述べ、各社を激励した。受賞者を代表して高嶺社長は「受賞は国、県、当局の積極的な施策の推進と指導、県民の温かい支援のおかげで感謝したい」と述べた。  同所長賞を受けた八重泉酒造の座喜味社長は「賞に恥じないよう今後とも精進したい」、請福酒造の漢那社長は「いい酒を造ったのが評価されうれしい」、崎元酒造所の崎元俊男代表代行は「初出品の古酒で受賞し、たいへんうれしい」とそれぞれ受賞を喜んだ。  表彰された各社の製造責任者と銘柄は次の通り。  高嶺酒造・高嶺享史(おもと)、八重泉酒造・大濱周夫(黒真珠)、請福酒造・漢那憲隆(請福ビンテージ43度)、崎元酒造所・稲川宏二(与那国産米仕込花酒与那国)
  • タグ: 泡盛
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム